cleafrookie × SHIMPEI produced by Shin-Ski『BRIDGE』 公式MV

2021.06

cleafrookie × SHIMPEI『BRIDGE』Produced by Shin-Ski

THE NORTH FACE のKIDS NATURE SCHOOLイベントムービーに、いつも楽曲を提供してくれている Shin-Ski がプロデュースする、神戸の双子HIPHOPデュオ「MiLESBROS」のMC、クレアフルーキー(cleafrookie)と、2019年の EVISBEATS「PEOPLE」”Pray For Me feat.SHIMPEI & J.B.POE”への参加などで知られる徳島在住のラッパー SHIMPEI が組んだ新曲『BRIDGE』のMVを制作しました。

ディレクション / 撮影 / 編集 / 水谷伸之 (Jabalí Cinematógrafo)



兵庫県ミナトマチ神戸を拠点に活動し、アルバム、レコード等の数々の作品をリリースし続けるMC ,DJからなる双子のブラザーMiLESBROSより「cleafrookie」
四国徳島県鳴門より、アルバムリリース、サブスク配信等で注目されているスムースかつメロウなスタイルを持ち備えている「shimpei」
さらには数多くのアーティストのトラック制作やリミックスをプロデュースし、フランス、中国、台湾など、国内外との国境を超えライブ活動を行う「shin-ski」

同色、時に異色を自由自在に描き表現するラッパーコンビを凄腕BEAT MAKERが化学反応を起こす!

テーマはタイトル同様「bridge」
四国と関西を繋ぐ明石海峡大橋

両名のリリックにも飛び交う”土地名”や”名産”、何処身近で温かみを感じる「ローカルワード」
晴れ渡った空の下、東から西、西から東に橋という名の「つながり」を行き来し、海の匂いの中、落ちそうな太陽が水面に照らされるのを横目に
ドライブをしている、そんな光景が頭に浮かぶ。
それぞれのその時その場の感情や感覚をリスペクトの橋「音」に乗せ、生み出した言葉をクロスオーバーさせる。

「街から街へ、つながりはBRIDGE…」


[cleafrookie]
神戸双子のBROTHER「MiLESBROS」のMC、クレアフルーキー。吐き出す言葉は枯れ葉のように舞い落ち、病んだGROUNDに生き続ける。

2003年に前身となる「SMILE BLOSSOM」を結成後、これまで2枚のアルバム
「Art of Smile」(2009年)、「BLUE TRAIN」(2012年)と12″レコード「BROTHER SOURCE」(2015年)をリリース。
改名後の2017年1月17日には7″レコード「ゆれた」、同年4月5日には12″レコード「Life is Beautiful」をリリース。
また、HIPHOP軸のBLACK MUSIC PARTY「PATCHWORKS.」や和ジャズに焦点を当てたイベント「BLOW UP!」、生音イベント「ZINNIA」の開催、さらにHIPHOPのみならず他ジャンルのイベント出演、親交あるアーティスト作品への客演等、コンスタントに活動を続けている。現在、MiLESBROS名義では初となるFull Albumを制作中。

SHIMPEI
1988年生まれ徳島県在住ラッパー
2017年 MUDDY THUMBとのタッグ作「BACKLANE EP」リリース
2019年 EVISBEATS「PEOPLE」”Pray For Me feat.SHIMPEI & J.B.POE”参加
現在は音楽ストリーミングサービスにてコンスタントに楽曲を配信中。

Shin-Ski
中学時代、プリンスに衝撃を受け、音楽活動を開始。95年に渡米。本場のヒップホップ、ハウス、テクノ等のダンスミュージックの洗礼を受け、音 楽制作を始める。 帰国後Shin-Ski名義でInsight、Time Machine、Funky DL等、海外の注目アーティストのアルバムでトラック制作/リミックスを多数手掛けるかたわら、日本のロックバンド = くるり「赤い電車」のリミックスも手掛ける等、ヒップホップ・フィールドのみに止まらない懐の深さと卓越した音楽センスを披露。ソロ活動と並行して、 Insight、smooth currentとのユニット:Shinsight Trioや、Koji Taninakaとのユニット: designed peopleとしても活動中。2012年より自身のルーツでもあるエレクトロニックミュージックと民族音楽をポップスとして融合させたプロジェク ト:ALMA DE STELLAとしても活動開始。2016年にShin-Ski名義としては7年ぶりとなるアルバム”MEMORIES”を発表、フランス、中国、台湾など、国境を超えライブ活動を行う。その経験を音で表現した最高傑作Virtualityを2018年発表。近年はTHE NORTH FACE、FUJI FILM等の映像音楽方面でも精力的に活動中。ジャンルを超越したオ リジナル楽曲を創作する傍ら積極的にライブパフォーマンスを展開中。日本人ならではの繊細さと、アメリカ仕込みの大胆さの絶妙なバランス感が魅力の希代の アーティスト。



NARI-CHAN a.k.a JAPS MAHLI 『チョップ アンド キック』 公式MV

2021.04

~CHOP & KICK~ 『チョップ アンド キック』 Music & Words by Taichi Narikawa

関西・大阪から1歩踏み込んで歌いつづけている、唯一無二のアーティスト、
NARI-CHAN の新曲、”チョップ アンド キック”のデジタルリリースにあわせてMVを制作しました。
大分前から制作の話はしていたのですが、途中コロナ禍で頓挫しての、満を持してのリリースです。
エグゼクティブプロデューサーにDJ KOOH the Golden Harvestを迎え、コテコテの昭和大阪ローカル感を漂わせつつ、
脇役に、レゲエ、ダンスホールの雄で、「百点満点」や「夏の様な二人」などのヒットチューンを持つBUN BUN the MCや、
アフリカングルーブダンサーのAya Ifakemi Yemら豪華でディープなゲストを迎え、
歌って踊れるミュージカルMVに仕上げました

ディレクション / 撮影 / 編集 / 水谷伸之 (Jabalí Cinematógrafo)
エグゼクティブ プロデューサー / DJ KOOH the Golden Harvest
紙芝居制作 / うーちゃん
振付 / Aya Ifakemi Yem
撮影協力 / 酒菜 お食事 うえっち , A Hayashi Denki

【出演】
成:NARI-CHAN
大将 : Bun Bun the MC
女将 : Aya Ifakemi Yem
看板娘 : あゆ
チンピラ : Tamaking Kozy
舎弟 : Kun-Say
お店の客 : Shiroh , トヨポン , くにし
紙芝居の男 : うーちゃん
チョップアンドキック ダンサーズの 皆さん

NARI-CHAN “FLASH BACK”

WalabooK?!『Tieboujen』 公式MV

2021.02

“Tieboujen” by WalabooK?! feat yoich takeuch

WalabooK?!(ワラボーク) のアフリカ、セネガルの伝統料理、チェブジェンをテーマにした楽曲、
『Tieboujen』のMVを制作させていただきました。

ディレクション / 撮影 / 編集 / 水谷伸之 (Jabalí Cinematógrafo)
choreograph by Pape Moussa Sonko
撮影協力 CA Organic Ashiya

WalabooK?!(ワラボーク)
2008年、リーダーのAyaがセネガルから帰国後にスタートした
“サバール・ドラム&ダンス研究会“に集まったメンバーで結成。
メンバー各々が、セネガルの伝統音楽サバ―ルを学び、
太鼓のドラミングとダンスの両方を魅せる「叩いて踊る」アフリカン・グループ。
ライブでは、
現地ダカールで突発的に行われる路上のパーティ“タンヌベール”のフィーリングを再現し、
最後には観客も巻き込んで踊らせる。
“着倒れのセネガル”に倣ったカラフルな伝統衣装にも注目。
10年を越える活動歴があり、数々のライブ、学校公演や音楽フェスティバルにも多数出演。
2018年サッカーワールドカップ(セネガル対日本戦)の
パブリックビューイングパフォーマンスでMBSちちんぷいぷい出演、
2019年ラグビーワールドカップ関連イベントでは、
愛知県の豊田スタジアムにて、試合前のパブリックビューイングパフォーマンス出演。
その他、日仏協会主催のフランコフォニー・フェスティバルには毎年出演、
横尾忠則現代美術館オープンコンサートなどにも出演。

HI-TIMEZ『in my words 2021 feat, NAO ~言葉にできないRe:boot~』 公式MV

2020.12

Spontania(スポンテニア)のMassattackさんとTarantulaさんが、HI-TIMEZとして再始動するにあたって、2004年のヒット曲、『in my words ~言葉にできない』のreboot版、『In my words 2021 feat.NAO ~ 言葉にできないRe:boot ~』のMVを制作させていただきました。

ディレクション / 編集 : MIZUTANI NOBUYUKI (Jabalí Cinematógrafo)
撮影 : 大隈文顕 (株式会社RECIPRO)
© Bearknuckle Entertainment

in my words 2021 feat, NAO ~言葉にできないRe:boot~ – Hi-timez Produced by Massatack Scripted by Hi-Timez

TARANTULA(タランチュラ)
Twitter https://twitter.com/Tarantula_MC
Instagram https://www.instagram.com/tarantula_m…

MASSATTACK(マサタック)
Twitter https://twitter.com/_MASSATTACK_ Instagram https://www.instagram.com/djmassattac… Personal HP https://www.massa-loves.com/

NAO(ナオ)
instagram https://instagram.com/naoaki.suzuki12…
Twitter @NAO_Primary

新しい試み、はじめました。(IN ONE TAKE )

2020.11

N ONE TAKE #01 Dig.Dugトレイラー

IN ONE TAKE #01 Dig.Dug

新しい試み、はじめました。
ミュージックビデオ ≒ ライブパフォーマンス、タイムラインの編集なしの一発勝負、環境とのコラボレーション。
第一弾は、おなじみのDig.Dugで!道頓堀を遡りながらの一発勝負です。
600円で30日間見放題です。

IN ONE TAKE #01 Dig.Dug
LIVE MUSIC ≒ MUSIC VIDEOJust In One Take.No timeline edit.With the surrounding environment.

Dig.Dug
3Peace HIPHOP BAND from OSAKA JAPAN.
MC:OKERAP BASS:KENMEI GUITAR&MPC:shige
feat
酒井清孝 青木拓人 Chicari
BAKI BAKI (LIVE PEINTING)WAX MAN (DJ)

撮影/編集 MIZUTANI NOBUYUKI (Jabalí Cinematógrafo)
録音/整音 西陽サウンドクルー
協力/ Ship of Fools

Felabration 2020 Afrobics Dance Competition で応募動画作品が2位を受賞しました

2020.10

Felabration 2020 Virtual edition in Nigeria.

アフロビートの父であるFela”Aniklapo”Kutiの功績を称え、故郷であるナイジェリアを中心に、毎年誕生日である10月15日の前後1~2週間に渡って世界中で開催されるアフロビートの祭典、Felabration
今年は世界的なコロナ禍の中、バーチャルエディションとして開催されました。
その一環として、Afrobics Dance Competitionが開催され、アフリカ大陸を中心に多数の応募の中から、Aya Ifakemi Yem さんの応募作品が2位に選ばれました。
動画での応募ということで、お声掛けいただき、応募締め切りの二日前に撮影を強行、なんとか滑り込みで応募することができました。

撮影 / 編集 : MIZUTANI NOBUYUKI (Jabalí Cinematógrafo)

Dance:
A.Y.A with Oremi
( Aya Ifakemi Yem / Aya Ikuno Shimamura / 坂本妙子 / 岡野あゆみ / 富沢有花 / Miki )

Choreograghy:
Aya Ifakemi Yem

Music:
①Fight to win / Femi Kuti
②Onala / Wura Samba
③Fight to Finish / Fela Kuti

フラメンコ ドキュメントMV 『Siguiriya – シギリージャ』

2020.03

玄光社様のVIDEOSALON、2020年3月号の特集、”「写真」から「動画」へ”  の記事に合わせて、
フラメンコのドキュメントMV、『Siguiriya – シギリージャ』を制作しました。
フラメンコの名曲「Siguiriya」をテーマに、和歌山の橋爪潤子をバイラオーラに迎え、
一月某日深夜、大阪某所にてロケーション撮影を敢行しました。
無電源下の夜間ロケーション撮影にあたってアガイ商事様のご協力でAputureのLEDライト、LS C300dⅡをご提供いただきました。

企画・撮影・録音・編集 : MIZUTANI NOBUYUKI (Jabalí Cinematógrafo)

バイラオーラ / 橋爪潤子
カンタオーラ / 西田祐加
ギタリスタ / 彌月大治
協力 / (順不同) 玄光社 VIDEO SALON編集部 アガイ商事株式会社 本田智沙登 米田真也 (anthem photoworks) 北浦真平

music + dance + poetry × NIKON Z6 「dignity.」 supported by 玄光社 & ニコンイメージング

2019.10

music + dance + poetry × Z6 「dignity.」

玄光社様のビデオSALONニコンイメージング様のタイアップ企画として、
ニコンのミラーレス機、Z6を使用してミュージックビデオを制作させていただきました。
ミュージックビデオとメイキングムービーとあわせて、
ビデオSALON本誌の取材記事にしていただきました。

music + dance + poetry × Z6 「dignity.」 メイキング

●ARTIST
Dig.Dug「ダダダッ!」【Instagram】https://www.instagram.com/dig.dug.jp
amanita 「Afroderick woman」
【band camp】  https://amanitaafrobeat.bandcamp.com/
【Instagram】 https://www.instagram.com/amanitaafrobeat/
Aya Ifakemi Yem:アフリカングルーブダンサー
酒井 清孝:散文詩人

●STAFF
監督・撮影・編集 : MIZUTANI NOBUYUKI (Jabalí Cinematógrafo)
絵コンテ: KOTARO TANAKA (AVII IMAGEWORKS)
VFX:TEPPEI OKUGUCHI (AVII IMAGEWORKS)
メイキングムービー 撮影・編集:KOUKI MORITA (AVII IMAGEWORKS)
スチール:IZUMI MAEDA
amanita衣装:Sista-K https://www.sista-k.net
撮影協力:DJ KOOH The Golden Harvest

NARI-CHAN “FLASH BACK” MV

NARI-CHAN “FLASH BACK” OFFICIAL MV from Jabalí Cinematógrafo on Vimeo.

NARI-CHAN A.K.A JAPS MAHLI のアルバム、”大阪ダイナマイトシティ”から“FLASH BACK”のMVを制作させていただきました。
企画・撮影・編集 : MIZUTANI NOBUYUKI (Jabalí Cinematógrafo)
Special Effects Makeup:Yunjon Tomita


Music & Words by Taichi Narikawa
Vocal : NARI-CHAN   Guitar : Y-CHANG   Guitar : SHIGE
Bass : KENMEI   Drums : YUYA OGAWA   Chorus : CHICARI (Chica & Hikari)
Recorded & Mixed by HAV (Soul Fire)
Mastered by Takuto Kuratani (Ruv Bytes)